施工プラン 【外装リフォーム1】お日様が一番当たるから… 屋根工事
×
今月の人気施工
新型アラウーノS160タイプ1

【外装リフォーム1】お日様が一番当たるから… 屋根工事

  • 瓦の屋根も対応!葺き替え工事、増し張り工事、塗装工事も
  • 雨漏り、屋根の破損、屋根のお悩みは当社におまかせ!
お気軽にご相談ください!

屋根からの雨漏り・破損・劣化を…美しく!高耐久へ!

雨風日差しを受ける屋根、ご自宅の屋根の状況をご存知ですか?

外装は外からの雨風日差しを遮る住宅の重要な部分。

太陽の熱を直接受ける屋根表面は、気温の高い日で60℃を超える高温になることもあります。

もちろん日差しだけではなく、台風で屋根が飛ばされてしまった…など心配される方、当事者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

近年の台風は大型のものが多く、実際に台風シーズンには多くのご注文を頂く事がありますが屋根が飛ばされてしまった後では風や雨をしのぐことが出来なくなり、内壁や床・家具まで傷んでしまうので修復がとても大変です。なにより屋根が飛んでしまったことにより近隣の住宅やご自身のお宅・車や人にぶつかり傷つけてしまったり怪我をさせてしまったなど賠償責任に発展する事も…

屋根が飛ばされる、雨漏りの発生などの原因は…

先ほどお伝えしました通り、屋根は太陽の熱を浴びたり寒い日には雪や氷点下の外気にさらされる部分です。

熱くなったり…冷たくなったり…強風を受けたり…大雨や大雪が降り注いだり…外の環境をもろに受け、ダメージは年々蓄積していきます。

これを「経年劣化」と呼び、多くの原因はメンテナンスを行っていない事での経年劣化による事がほとんどです。

住宅の屋根も多種多様な商品がありますが、やはり長くとも10年に1回程度の現状把握やメンテナンスを行う事で余計な経費をかけることなく、リスクも低くお家に長く住み続ける事が出来ます。

今の屋根…どんな材料を使ってるの?これから変えるならどの材料がいいの?

今使っている屋根の状況に応じて、リフォーム方法も様々です。

【屋根材の種類】

・瓦屋根

・縦葺き金属屋根/横葺き金属屋根

・ガルバリウム合板屋根

・スレート屋根

・シングル屋根    などなど…

 

【リフォーム方法】

・今の屋根の上から…増し張り工事

・今の屋根材を撤去して…張り替え/葺き替え工事

・今の屋根の上から…塗装工事  などなど…

 

屋根について詳しく聞きたいなど小さな相談から受付しております!

当社は外装工事のプロフェッショナル!ひとつひとつ丁寧にご説明いたします。

ドローンでの屋根の撮影も行っております!

屋根の上は見えづらい…

屋根は下からでは現状をしっかり把握することは難しく、確認する為に屋根にのぼったりと危険を伴います。

 

斜めの屋根と屋根がぶつかるてっぺんの部分を「棟(むね)」と呼ばれますが、実はこの棟が飛ばされることが多いのです。

もちろん下からこの棟がどうなっているかの確認はプロでも困難を極めます…

当社ではドローンを利用して上空から屋根の状況を写真で撮ることが可能!不安な個所は少し近くに寄って詳しく確認する事も。

 

ご相談、御見積りもお気軽にご連絡ください。

メリット・デメリット

  • 屋根のメンテナンスでお家を長持ち!快適に!
  • 見た目の美しさも一目瞭然。
一覧へ戻る